野外救急災害法

こんばんは

ここ数日日中はポカポカ陽気が続いている沖縄^_^

桜もそろそろ終わり頃ですね😊

さて、昨日、今日とアウトドアフィールドで起こる事故や災害に特化した救命措置の方法を学んできました。

アウトドアフィールド-ウィルダネス状況下

*医療機関での処置を受けるまでに時間を要する

*過酷な自然環境

*限られた携行資材

都市型救急法とは違い救急車が容易に来れない場所での活動(趣味)

私達アウトドアツアーガイドはもちろん、登山や山奥でのキャンプなどなど

最近では沢山の人がアウトドアで遊んだりしていますね^_^

その分事故や災害は増えるものです。

大切な家族や友人が大怪我、もしくは体調不良などで動けなくなった時大変困ってしまいますよね?

そこで役に立つのが野外救急法になってきます。

知識があって的確な処置をしておけばもしかしたら助かったかも、大事にならなかったかもしれません。

自然で遊ぶという事はそういった事が起こりうる環境なんです。

特に私達ガイドはお客様の危険も想定しながら開催しており、もしもお客様が怪我や体調不良になった場合に対応出来る様にしっかり学んで、意識を持ってお客様が安心して参加できるよう努めております。

  • コメント: 0

おすすめ記事

  1. こんな風景

  2. 新たな遊び!

  3. 春の陽気

  4. 涼しいけどアツイ!

  5. 水中イメージ!

  6. 夏休み!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。